フリーライターなるしかねえ

社会不適合な若者の日記です

フリーライターになりました

 ということで、このブログはこれにて完結です。ご愛読ありがとうございました。ササンチ先生の次回作にご期待ください。嘘です。たぶんブログはまだやります。

 

 

 いや、実を言うとちょっと前からライター業を始めていたんですが、書いていたのは匿名ライターとして書けるニュース記事や「いかがでしたかブログ」みたいなもんだったんですよね。

 それがこの度、初めてちゃんとしたメディアとの契約をして、ライターとして名前の載る記事を掲載してもらえました。というわけで、満を持してフリーライターを名乗っていきたいというご報告です。

 

 今回書かせていただいた記事がこちら。

shibuya-game.com

 

 なんというか、会社員以外の肩書きがついたということで、新たな領域に足を踏み入れることができたような気分です。そして、その最初の一歩を、僕の大好きなゲーム、ひいてはeスポーツというジャンルから踏み出すことができたことを嬉しく思っています。SHIBUYA GAMEさんに感謝。

 これからどんなことを発信していけるか、まだ自分でも分かりませんが、マイペースに楽しみながらやっていけたらいいと思います。eスポーツ選手のインタビュー記事とか書きたい。僕、自他共に認める聞き上手なので。マジで自信ある。

 

 報告と抱負は以上で、ここからは楽しい自分語りです。

 

 

 「フリーライターなるしかねえ」なんて名前のブログを始めてみて、だいたい4ヶ月と半分でのタイトル回収となりました。思ったより早かったかも、ぐらいの感覚です。

 

 元々は発信の練習として始めてみたブログで、うまくいけばライターかプロブロガーにでもなれるかな、みたいな漠然としたイメージでした。

 ブログを始めてみて改めて自覚したのは、僕はどうも凝り性というか、中途半端に完璧主義で、雑多な記事を量産するのには向いていないということ。人に見せるからには自分の納得いく完成度でないと恥ずかしいという気持ちが強く、大量の記事を公開することなくボツにしました。

 そういえば、大学のレポートをでっち上げるのとかも苦手でした。そういう病気。

 

 それが理由で、ブロガーの線は消えました。ブログをマネタイズしてそれなりの額を稼ごうとすると、アクセス数はもちろんですが、何より記事の量が要るんですね。無理です。

 (あと、個人的に「ブロガー界隈の人」がかなり苦手でした。ここ半年くらい、ブロガーの方と出会う努力をしてみたんですが……あまり書くと悪口になっていきそうなのでやめておきます。)

 ライター業でも、おそらく同様の理由で苦しむことがあるかとは思うんですが、記事ひとつひとつに確実に値がつくだけでありがたい話なので、凝り甲斐もあって頑張れる感覚があります。

 

 今後ライターとしてどう活動していくかですが、特に具体的なことは考えていません。旅行系のライターとか出来たら楽しそうかも~ぐらい。

 でも、ジャンルを手広く扱うのって結構手間なんですよね。メディア側に売り込みかけたりとか。そこまでして手を出したいものは今のところありません。

 それよりもまずは、僕の大好きなこのeスポーツのジャンルから、eスポーツ界隈を少しでも盛り上げられるような形で活動できればと思っています。広がれeスポーツの輪。

 

 ブログの今後については、特に大きくは変わらないと思います。

 ライターになったからといって、書くもの全てが金になるわけではないし、金にならないような内容をこそブログに書くことになると思います。特に、単なる個人的な意見。

 やってみてわかったんですけど、メディアに載せる記事って、基本的に編集部の方と一緒に作り上げるものなんですよね。細かい表現を直してくれたり、引用する画像周りのことを解決してくれたり。およそ個人の感覚だけで出来上がるものではありません。よっぽどの有名人とか大物のコラムニストなら別なんでしょうけど。

 なので、そういったメディアに載せるほどでもないようなことや、載せられないようなことなんかをブログの方で書ければと思っています。あとは書いた記事の裏話とか。発信したいこと、広めたいことというよりは、もっと日常的なしょうもないことをいっぱい書きたいですね。これずっと言ってる。

 

 最近は、「発信したいこと」という名目でいくなら、noteの方が適しているのかもしれないと感じています。ワンチャン小銭も稼げるし。

 ブログと使い分けるラインがよくわからないですが、近いうちに試してみたいと思います。

 

 

 正直、僕は継続して努力することが何よりも苦手で、今回ライターになれたのも「長年の努力が報われて大成功」なんて話ではないのですが、それでも僕なりに達成感を味わえています。これぐらいでやっていきたい。

 これからも、自分が伝えたいと思ったものを面白おかしく伝えていきたいので、どうぞお付き合いください。

 

 

f:id:ikiumejapan:20190713221319j:plain

めっちゃ気に入ってる

 メディア用のアイコンは友達ののいさんが描いてくれました。かわいい絵もカッコいい絵も描けるすげえやつです。本当にありがとう。